マラウイ協力隊ブログ

日本に一時帰国中に、買ってきてよかったもの3つを紹介します

こちらのブログにきてくださってありがとうございます。

 

日本に一時帰国中に、買ってきてよかったもの3つを紹介します。

 

私は2015年10月に派遣されて、その一年後の2016年8月に一次帰国しました。途上国から日本に戻ると、全てのものが便利で新しくて綺麗で感動の連続でした。

時間は経過しているのが、購入してよかったなというものを紹介していきます!

 

 目次

 

1.ソーラー発電

マラウイはアフリカの内陸部の国なので、海外沿いの国と比較すると発展がとても遅れています。海沿いではないため、火力発電(水を必要とする)を建設することができず、電力供給の80%が水力発電となっています。

 

水力発電は水の量により発電が行われるため、水が減ってくると当然停電も多くなってるわけで、、

 

特に、乾期になると水不足は深刻で停電が前触れなくいきなり起こります!

だから、水は洗面器やたらいにたくさんはって水を貯めます。

 

この1年でほしいなと思っていたのはソーラー発電!

これがいつでも電気が蓄えられると思い、日本に帰国したときにAmazonで購入しました。

 

購入した感想

これがあるとパワーは最小ながらも役に立っています。 

停電時もこれで発電できます!!

 

f:id:kawa0318jp:20170409143942j:plain

外でこんな感じに2つ充電できます。

ソーラーパネルの内側に収納できるので、暑さからも電子機器が保護されます。

 

これでいつでも携帯等は使えるようになりました。

見てのように大きな装置ではなく、キャンプ等で使うような持ち運びようなので小型の電子機器を充電して賄うことはできます。

 

しかし、パソコンのような大型電子機器を充電するのはできません、、、。

これで、ポータブル充電器を充電しておくのも悪くありません、、。

これで小型電子機器は使えないということはなくなりました。 

 

 

2.シーツ

マラウイの夏は暑い!(レイク沿いはね)

 

malawi2015.hatenablog.com


malawi2015.hatenablog.com

 

私の任地であるモンキーベイは12月が一番暑く(マラウイは南半球なので日本と季節が逆です)、寝ているときに大量の汗をかきました。

 

ベッドで横たわっているときは、なにかで扇いで
耐え忍びました。

 

この国にアイスノンなどもありません。

もし仮にアイスノンがあったとしても停電使うことともできません!

 

私にとっては、生まれてはじめて大量に汗をかくという経験をしました。まるで家の中がサウナです。

 

これがあるとだいぶ汗を吸収してくれるのでだいぶ寝やすくなりました(笑)

 

生き延びることができました。

 

なぜマラウイの家の中は強烈に暑いのでしょうか??

・トタン屋根であるから!

 ・家の中に天井がない!

 

私の家もまさしくこれに該当しました。

暑くなる原因に屋根の材質や天井の重要性というものを実感しました(笑)

理科でいうところの対流

 

そこで考えたのが、屋根の下に布を敷いたりしてどうにかしのいで、乗り切りました(笑)

 

なぜ熱がこもるのか、まさに物理です!

熱膨張の中の対流等が関係しています。

マラウイで、授業でやったなと思いました。

 

malawi2015.hatenablog.com

3.USB扇風機

といっても小さなものです。これはよいですね!!机におけるし、局所めがけて働くのでいい感じです。

これだと、ベッドで横になった時にお腹の上に置けるからなかなか良かったりします。


あとは100円ショップの小物類を整理するアイテムをお勧めです。現地でこういったものを買うほうが案外高かったりします。

 

あると助かります。

 

あるととても助かったと思いました!

帰国するまでとても重宝しました。

 

 赴任前は忙しくて、物を準備するのに余裕がありません!

 

malawi2015.hatenablog.com

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。