マラウイ協力隊ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マラウイでよく日本に聞かれること、それは宗教! 2つの答えるパータンを考えました 

こちらのブログに来てくださって、ありがとうございます(^^♪

今回は私の任国マラウイでの宗教事情について書いていきたいと思います。

 

マラウイでよく日本に聞かれることと言えば、

ずぼり、それは「宗教!!」

 

あなたは何と答えますか??

私の意見をまとめてみました。

 

 

宗教観

ほとんどの日本人は仏教か神道かキリスト教またはそれらを源流とする宗教を信仰していると思います。

 

英語のまえにまず、自分の国の文化をよく知っておきましょう。

マラウイにいると多くの外国人と話すことが増えます。そこで話題になるのがそれぞれの国の文化について。

 

国際交流の場で自分の国のことをよく知らないというのは悲しいことです。そして自国の文化についてあまり詳しくないという人も意外と多くいます。

 

日本人なのに日本のことも知らないのか、と思われるのは嫌ですよね。

他に話題がないのかなと思うぐらいに宗教について聞かれます。

(マラウイではChatting 以外に他にすることがないのです、、、)


どうやって、答えるか2つのパターンを考えてみました。


答えるとどんどん聞いてくるので、適当なところで話を区切ったほうがいいかなと思います。

 

日本で公の前で宗教の話をすることは許されてないとか、、。

f:id:kawa0318jp:20170505014253j:plain

目次

 

 

1.簡単に答える場合

真面目に答えない場合ですね。

 

マラウイアンにあなたはなぜクリスチャンなの?」って聞いてみる。


それに対するあなたの答え、「私の神はあなたの神と違うのよ」とか「クリスチャンじゃないけど充分幸せなのよ」とかなんでもいいですが、それで彼らはあなたが「クリスチャンでない理由」をある程度理解出来たでしょう。

「世界には、クリスチャン以外の道というのも確かにあるのだ」と。

わかってもらいましょうー。

 

こういう場合に、即席で勉強した「仏教の教えについて」なんて不用意なことは言わない方がいいです。

 

変に「日本」というものを誤解されるだけ。

「神道とか仏教なんだろうけど、みんなあまり興味無いし、詳しく知らないと思う」とか「仏陀も佛陀も何なのか私はよく知らないわ」が、日本人の現実を最も正しく伝えることになります。

確かに現代においても日本人の価値観・人生観・死生観・自然観等は神道や仏教に根ざしたものが多いと個人的には思います。

ただそれらは日本人にとって今や「価値観」「習慣」「慣習」であり、「私達の信仰だ」と意識していない限り「宗教」とは言えない気がします。

 

2.きっちりと答える場合

真剣に答える場合ですね。

 

仏教の本質は「悟り」です。

 

悟りとは「この世の苦しみから解放されるための心のありよう」とされます。

仏陀はその悟りを得るために、瞑想して解脱し、仏になったとされています。

 

仏陀は全知全能な神ではなく、人間社会から解脱した仏であり、存在としては神と同等ですが、元々は人間である、それがキリスト教との一番の違いです。

 

人の一生は苦であり永遠に続く輪廻の中で終わりなく苦しむことになる。その苦しみから抜け出すことが解脱であり、修行により解脱を目指すことが初期仏教の目的であった。


キリスト教もそうですが、この世の中は苦しみに満ちています。それを救ってくれるのが救世主であるキリスト、自ら悟りを開く道を切り開いたのが仏陀です。

 

①先ず最初に  「内道」か「外道」か
 仏教・・・・・・ 因果(原因と結果)の理法(法則)を内の自分に求める
 キリスト教・・  因果(原因と結果)の理法を外の神に求める

 

②日本には因果応報の言葉がある 
自分の行いが自分に報いとして現れると言う事です
日本が平和なのは結構、この考え方が浸透していると思います。

  

③キリスト教の神は一人
仏教の仏は無数誰でも仏になれる
   (釈迦ほどの仏にやすやすとなり候なり)


誇りをもって、説明しましょう!

仏法と言うとおり、法則なんです!
(原因と結果の法則、生きると死ぬの法則等など)

 

いかがでしょうか??

他にもマラウイでよく目の当たりにするマラウイあるあるをまとめてみました。

 

malawi2015.hatenablog.com

f:id:kawa0318jp:20170505014245j:plain

3.英語版で解説

 

f:id:kawa0318jp:20170505014301j:plain

●What is Buddhism?●

Buddhism is a religion to about 300 million people around the world. The word comes from 'budhi', 'to awaken'. It has its origins about 2,500 years ago when Siddhartha Gotama, known as the Buddha, was himself awakened (enlightened) at the age of 35.

 

● Is Buddhism a Religion?●
To many, Buddhism goes beyond religion and is more of a philosophy or 'way of life'. It is a philosophy because philosophy 'means love of wisdom' and the Buddhist path can be summed up as:
(1) to lead a moral life,
(2) to be mindful and aware of thoughts and actions, and
(3) to develop wisdom and understanding.

 

● How Can Buddhism Help Me?●
Buddhism explains a purpose to life, it explains apparent injustice and inequality around the world, and it provides a code of practice or way of life that leads to true happiness.

 

● Who Was the Buddha?●
Siddhartha Gotama was born into a royal family in Lumbini, now located in Nepal, in 563 BC. At 29, he realised that wealth and luxury did not guarantee happiness, so he explored the different teachings religions and philosophies of the day, to find the key to human happiness. After six years of study and meditation he finally found 'the middle path' and was enlightened. After enlightenment, the Buddha spent the rest of his life teaching the principles of Buddhism ? called the Dhamma, or Truth ? until his death at the age of 80.

 

● Was the Buddha a God?●
He was not, nor did he claim to be. He was a man who taught a path to enlightenment from his own experience.

 

●What did the Buddha Teach?●
The Buddha taught many things, but the basic concepts in Buddhism can be summed up by the Four Noble Truths and the Noble Eightfold Path.

 

●What is the First Noble Truth?●
The first truth is that life is suffering i.e., life includes pain, getting old, disease, and ultimately death. We also endure psychological suffering like loneliness frustration, fear, embarrassment, disappointment and anger. This is an irrefutable fact that cannot be denied. It is realistic rather than pessimistic because pessimism is expecting things to be bad. lnstead, Buddhism explains how suffering can be avoided and how we can be truly happy.