読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マラウイ 海外青年協力隊員 理科教育活動記録 ~30代後半からの~ 

海外青年協力隊員(理科教育)として、マラウイ湖のほとりにある学校で活動中 30代後半から協力隊を目指して応募しました 1年を経た今、一人の教員隊員として異国の地で子供の教育に携われる喜びを感じています

No と言えないマラウイアン、しかしNoの行動をするマラウイアン!! その3つの行動についてまとめてみました ~赴任後14ヵ月~

No と言えないマラウイアン、しかしNoの行動をするマラウイアン!!

その3つの行動についてまとめてみました。

 

 マラウイで起こりうる”あるある”をまとめてみました。

 

1.道を聞いても「知らない。」と言わない

 

自転車タクシーに乗って、どこどこまで連れていってほしいとお願いしても、必ず行先は知っていると返答がかえってくる。

 

しかし、実際は知らないで、行きの道中で通行人に道を聞き始める。

最後には時間がかかったからといって、追加料金を要求される。

 

 

2.行く行く詐欺

 

行くよと言っておきながら、その場に現れない。

何か、用事はできたのだろうけど、連絡をしてこない。

 

 

3.何を聞いても"Because "で返答してくる

知らないことを知らないと言わないマラウイアン。必ず、マラウイアンは返答しようとしてくる。

 

教育現場にもかなりこのことは影響している!

 

生徒は先生は何でも知っていると思っているのですね、そして先生は間違っていることでも知らないとは言わず、根拠のないことを教えていたりします。

 

ある時、私は生徒に日本で勉強したときに、見たことはないけど本を読んで勉強したから知っているよと言ったところ、ちょっと驚いた反応をしていましたが、しばらくしてなるほどといった様子になっていたのでそういうことなのでしょう。