読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マラウイ 海外青年協力隊員 理科教育活動記録 ~30代後半からの~ 

海外青年協力隊員(理科教育)として、マラウイ湖のほとりにある学校で活動中 30代後半から協力隊を目指して応募しました 1年を経た今、一人の教員隊員として異国の地で子供の教育に携われる喜びを感じています

今学期の授業を終えて Form 2 Chemistry ~赴任後14カ月目~

学校

 まとめとして、振り返りを書きます。

 

生徒に何か形に残るようなものにしたいと思って、授業を進めていきました。
生徒にPeriodic table を書かせて、学校に残して後々に役立ててもらいたいです。

1.生徒にまずはPeriodic table を暗記させた

 

ここを暗記していないと次に進むことができないので、強制的に暗記をさせる。
覚えていないと呼び出す。

 

2.生徒に118までのelementsを書かせる

 

最初に説明のポスターを作っておくと、あとで復習するときに使えるかなと思いました。
学校に残るものがあればいいなと思い、作ってもらいました。

うれしいことに、113番のelementが日本の科学者によって派遣されたので名前が日本の名前が最近つきました。

 

f:id:kawa0318jp:20161219040639j:plain

(周期表)

 

3.ビジュアルエイドを用意する

 

あとで、生徒が復習するときにつかえるようなものをできのよい生徒に作ってもらおうかなと思ったりします。

 

座席表や出席の確認によて、生徒の名前を憶えているので、生徒の集中力が上がってきたような気がします。

 

f:id:kawa0318jp:20161219040638j:plain

(Electron configuration)

f:id:kawa0318jp:20161219040650j:plain

(GroupごとのProperty のまとめ )