マラウイ協力隊ブログ

  • プロフィール
  • マラウイ
  • お問い合わせ
  • 協力隊への応募から派遣されるまで
  • 最新の教員活動
  •  海外青年協力隊員(理科教育)として、マラウイ湖のほとりにある学校で活動中 30代後半から協力隊を目指して応募しました 1年を経た今、一人の教員隊員として異国の地で子供の教育に携われる喜びを感じています

    途上国の授業の現場から空気について考える

     

    こちらのブログに来てくださってありがとうございます。

    今回はForm 2で行った化学の授業について説明したいと思います。

     

     難しいな感じることはしばしばありましたが、これまで学習してきたことで理解できるようになったというのはうれしいですね。

     

     

    目次

     

    1.空気の割合について

     化学式.を使って体積比(%)で表していくとこんな感じになります。

     

    窒素(N2)........................78.084
    酸素(O2)........................20.946
    アルゴン(Ar)..................0.934
    二酸化炭素(CO2)....  約0.04

     

    2.単体元素や化合物について

     

    調べれば、調べるほど疑問がたくさんでてくる単元ですね。


    そもそも、空気中になんで窒素が含まれてそれが有毒なのかというのにも疑問がわきますね。


    Laboratory Preparation of Oxygen

    www.youtube.com

    copper oxygen

    www.youtube.com

    sulpher oxygen

    www.youtube.com



    Carbon burns in oxygen

    www.youtube.com

    Potassium reacts with water

    www.youtube.com


    Reaction of Calcium and Oxygen

    www.youtube.com

     

    3.環境問題について考える

    綺麗な空気だとよいのですが、空気が汚染されると問題たくさんでてきますよね、、。

     


    大気汚染についですが、

    私たちが生活で使用している自動車や工場の煙に含まれる汚染物質により空気が汚れることです。

    人間の経済的・社会的な活動が主な原因である。 自然に発生する砂嵐や山火事なども原因となるが、自然由来のものは大気汚染に含めない場合がある。

     

    この汚染物質とは、窒素酸化物 (NOx)や粒子状浮遊物質(SPM)、二酸化炭素(CO2)のことを指し、これらの物質は地球温暖化を始め、酸性雨、光化学スモッグなどの原因になります。

     

    たくさんの問題がたくさん引き起こされますね!

     

    Air pollution

    www.nationalgeographic.com

     

     

    世界は、急速な工業化をとげつつある諸国を中心に、ますます経済活動の規模が拡大していますね。

     

    それに伴って、交通需要は増大し、窒素酸化物(NOx)や二酸化炭素(CO2)等の大気汚染物質の排出量が増大しています。

     

    こうした問題に対処するために私達は、このような大気汚染の現状と対策に対する理解を深め、協力して、ひとりひとりができることから取り組んでいく必要があります。

     

    独立行政法人環境再生保全機構 

    ERCA Environmental Restoration and Conservation Agency

    こちらのサイトに詳しく説明されていました。

     

     

    f:id:kawa0318jp:20170630140606j:plain

     

    どうやって大気汚染を減らせるのか、調べてみました。


    Ways to Reduce Air Pollution 

     

    1. We can reduce air pollution by conserving energy by turning off lights, computers, air conditioners and other appliances when not in use.
    2. Encourage your employees to use public transport or you can arrange a bus from a common point for your employees.
    3. When purchasing a vehicle for your company consider buying most efficient, lowest polluting or if possible zero emission electric vehicle.
    4. Encourage employees to use bicycle for daily commute
    5. Ensure drivers in your company obeying traffic laws, speed limits, maintaining vehicles properly and keeping optimum air pressure in tyres.
    6. Replace lights in your factory to energy efficient bulbs
    7. GO green by limiting the use of paper as it may save some trees
    8. Choose materials which are made from recycled materials Encourage teleconference than physical meeting
    9. Encourage activities like planting trees once a year among employees
    10. Give awards to employees who reduced emissions in their shifts Improve machineries or manufacturing processes to reduce emissions from factories
    11. Boosting performance of boilers can sharply reduce air pollution from industry

     

    Environmental disease

    Environmental disease - Wikipedia

     

    Pollution - Wikipedia

     

    ワールドビジョン