マラウイ協力隊ブログ

  • プロフィール
  • マラウイ
  • お問い合わせ
  • 協力隊への応募から派遣されるまで
  • 最新の教員活動
  •  海外青年協力隊員(理科教育)として、マラウイ湖のほとりにある学校で活動中 30代後半から協力隊を目指して応募しました 1年を経た今、一人の教員隊員として異国の地で子供の教育に携われる喜びを感じています

    板書を早く書くために ~赴任後15カ月~ Quick writing 2

     

     

    1.板書内容をなるべく覚える

    f:id:kawa0318jp:20170123031320j:plain

    以前はスペルミスがすごく多かったです。

     

    単純に書くことに集中できなかったということもありますが、、、。生徒が書いている途中に話しかけてきても、受け答えをしないようにしています。

     

    そして、授業前に板書内容をできる限り、覚えるようにして書くとミスも減りました。書いたら、いったん一呼吸おいて板書内容を読みあげる。

     

     

    2.書く前にどういう配置で書いていくかを考える

    やみくもに書かないようにしています。

     

    とくに、図や表を書くときはバランスを考えて書きたいので、黒板の配置とスペース考えて書くようにしています。

     

     

    f:id:kawa0318jp:20170123031337j:plain

    3.文字を斜めにして書く

    まっすぐに書くよりかは斜めにして書いたほうが、文字がぶれずにまっすぐに書けることに気づきました。なるべく、大きな字で書くより小さめの字で書いたほうがスペースが稼げることにも気づきました。

    f:id:kawa0318jp:20170123031430j:plain