マラウイ協力隊ブログ

板書を早く書くために ~赴任後15カ月~ Quick writing 2

/* Webフォントに関する指定(はてぶ) */ .sns_circle.hatebu.sns_circle span{ position:absolute; padding:8px 0 0 8px; color:#FFF; font-size: 30px; } /* Webフォントに関する指定(Twitter) */ .sns_circle.twitter.sns_circle span{ position:absolute; padding:7px 0 0 9px; color:#FFF; } /* Webフォントに関する指定(Facebook) */ .sns_circle.facebook.sns_circle span{ position:absolute; padding:8px 0 0 18px; color:#FFF; } /* Webフォントに関する指定(Google+) */ .sns_circle.googleplus.sns_circle span{ position:absolute; padding:10px 0 0 14px; color:#FFF; font-size: 30px; }

 

 

1.板書内容をなるべく覚える

f:id:kawa0318jp:20170123031320j:plain

以前はスペルミスがすごく多かったです。

 

単純に書くことに集中できなかったということもありますが、、、。生徒が書いている途中に話しかけてきても、受け答えをしないようにしています。

 

そして、授業前に板書内容をできる限り、覚えるようにして書くとミスも減りました。書いたら、いったん一呼吸おいて板書内容を読みあげる。

 

 

2.書く前にどういう配置で書いていくかを考える

やみくもに書かないようにしています。

 

とくに、図や表を書くときはバランスを考えて書きたいので、黒板の配置とスペース考えて書くようにしています。

 

 

f:id:kawa0318jp:20170123031337j:plain

3.文字を斜めにして書く

まっすぐに書くよりかは斜めにして書いたほうが、文字がぶれずにまっすぐに書けることに気づきました。なるべく、大きな字で書くより小さめの字で書いたほうがスペースが稼げることにも気づきました。

f:id:kawa0318jp:20170123031430j:plain