マラウイ協力隊ブログ

  • プロフィール
  • マラウイ
  • お問い合わせ
  • 協力隊への応募から派遣されるまで
  • 最新の教員活動
  •  海外青年協力隊員(理科教育)として、マラウイ湖のほとりにある学校で活動中 30代後半から協力隊を目指して応募しました 1年を経た今、一人の教員隊員として異国の地で子供の教育に携われる喜びを感じています

    授業を始めて1週間が経ちました

     

    今週から授業を始めて、ちょうど1週間が経ちました

    現地では、Form1(だいたい、中2程度)の生徒に物理と化学を週に3コマずつ教えてます。

    マラウイでは今年から、新しいシラバスになったこともあり内容が増えてさらに詰込みの授業になりつつあります。

     

    生徒はテキストを持っておらず、先生の話を聞きながら板書をうつしていきます。とにかく、テンポが速い。

     

    私も授業を受け持っていますが、英語での板書と説明が追いつかないので、Visual Aidをあらかじめ作っておき、それを使用しながら授業を進めています。

     

    最初の授業では、生徒が非常に騒がしくて静かにさせるのが大変でした。しかし、事前にVisual Aidを作って教室に持っていくと私の気持ちが伝わるのか意外と熱心に聞いてくれます。

     

    Chemistry

    グラフの説明にPie ChartBar Graphを書き出しました。

     

    f:id:kawa0318jp:20151128220809j:plain

     

    Physics

    ノギスもマイクロメータも学校にないのですが、先生からこれらは大事だから説明してねと言われて書き出しました。

     

    f:id:kawa0318jp:20151128221556j:plain

     

    私の製図のスケッチ

    学生のときに書いた製図のスケッチ、少しは役立っているかしら???

    f:id:kawa0318jp:20151128222313j:plain