マラウイ協力隊ブログ

  • プロフィール
  • マラウイ
  • お問い合わせ
  • 協力隊への応募から派遣されるまで
  • 最新の教員活動
  •  海外青年協力隊員(理科教育)として、マラウイ湖のほとりにある学校で活動中 30代後半から協力隊を目指して応募しました 1年を経た今、一人の教員隊員として異国の地で子供の教育に携われる喜びを感じています

    英語での授業で板書を早く書くための工夫 Quick writing 3 ~赴任後15カ月~

    今日は、Physics のWork[W]についての授業を行いました。

    1. Power 

    日本語でいうと仕事率かな?
    英語で覚えているので、日本がうまく思い出せません(笑)

    単位が人の名前に関連しているので、そのあたりも説明にいれました。

    生徒を使ったアクティビティをすると、体を使うのでイメージしやすいです。

     

    f:id:kawa0318jp:20170127041557j:plain

    (仕事率の説明)

     

    2,斜めに書くとだいぶ早くかける

    英語なので、すべてが横書きです。
    斜めに書いていくとだいぶ、バランスもすっきりしてきました。

    f:id:kawa0318jp:20170127041539j:plain

    (練習問題)

     

    3.書いたあとに見直す

    声にだして、読むとミスがへりました。
    忙しくて、すべてを暗記する余裕ないのでついつい板書の時にミスりがちです、、。

     

     

    f:id:kawa0318jp:20170127041552j:plain

     

    (練習問題2)

     

    黒板が粗悪なので光って見えにくいです、、。

     

    ワールドビジョン