マラウイ協力隊ブログ

  • プロフィール
  • マラウイ
  • お問い合わせ
  • 協力隊への応募から派遣されるまで
  • 最新の教員活動
  •  海外青年協力隊員(理科教育)として、マラウイ湖のほとりにある学校で活動中 30代後半から協力隊を目指して応募しました 1年を経た今、一人の教員隊員として異国の地で子供の教育に携われる喜びを感じています

    マラウイの柔道 ~赴任後8ヶ月~

    マラウイでの柔道、みんな熱心に練習をしています。

     

    f:id:kawa0318jp:20160522175701j:plain

    (熱心に稽古するマラウイアン)


    けど、すぐに畳の上でごろごろする癖があるようです。

     

    f:id:kawa0318jp:20160522175833j:plain

    (ごろごろする子供)

     

    マラウイの柔道は歴史があるようです。
    2010年、柔道の発展と普及を目的としてマラウイ柔道協会が設立され、組織的な活動が始まりました。国際柔道連盟への加盟とともに、マラウイ各地に柔道クラブが設けられ、現在、約300名の選手が登録されているらしいです。
    (大使館のホームページより)

     

    コーチが専属で1人いて、マラウイのスポーツ省で働いています。

    f:id:kawa0318jp:20160522175940j:plain

     

    毎回きれいな柔道着を着ているマラウイアンがいて、いつも身だしなみが整われているなと思うことがしばしばあります。

     

    協力隊に来ている男性陣が柔らかい物腰の人たちが多いためか、

    柔道男子を見ると男らしくてかっこいいなと思って見とれてしまいます。