マラウイ協力隊ブログ

  • プロフィール
  • マラウイ
  • お問い合わせ
  • 協力隊への応募から派遣されるまで
  • 最新の教員活動
  •  海外青年協力隊員(理科教育)として、マラウイ湖のほとりにある学校で活動中 30代後半から協力隊を目指して応募しました 1年を経た今、一人の教員隊員として異国の地で子供の教育に携われる喜びを感じています

    マラウイの先生と一緒に予備実験を行う ~赴任後7ヶ月~

    *電気回路作成をマラウイの先生と一緒に行う

    やり方はわかるけど、この少ない器材でマラウイアンたちはどうやって教えているのかが気になったので「教えてほしい。」とお願いして、一緒に予備実験を行いました。

    驚いたことは、紙と太い輪ゴムで電池のソケットを作ってくれたことです(笑)。

    すごいと感じました。

    そして、電流計・電圧計を一緒に直列・並列に接続していきました。

    とくに、一緒に作業をして問題だなと思ったことはないです。

     

    f:id:kawa0318jp:20160522170714j:plain

     (回路を組みをする同僚の教師)

     

    マラウイアンのウィークポイント
    おそらく、きちんと教えてもらってないのでしょうか、、、、。

    電流計のレンジが振りきれていることに気づいていないようです。1Aが最大なら、5Aのレンジに接続をすればいいことがですが、たぶん、知らないのでしょう。それを教えてあげようかなとお思いましたが、もはや作業に夢中のようで私の声は届きません、、、。

    男の人ってすぐに夢中になるのですね。(笑)

     

    f:id:kawa0318jp:20160522171418j:plain

     (電流計のメーターが振り切れる)

     

     

    終わったあと、、、
    かなり達成感があったようで、満面の笑みでした(笑)レンジがずっと振りきれた電流計

    は壊れたのか心配でしたが、大丈夫でした。

     

    f:id:kawa0318jp:20160522171508j:plain

     (あとで確認すると大丈夫でした)